台所での水のトラブルへの対処について

日常的に頻繁に使用する台所は、水のトラブルが発生しやすい場所です。台所のトラブルの場合、シンク台や排水管からの水漏れ、つまり等から発生する異臭や蛇口の故障等様々です。台所で水漏れが発生した際は、シンク下が原因で普段見ることが少なく気が付くのが遅れ、大規模に広がった時点で慌ててしまうことも多々あります。つまりが原因で水漏れや他のトラブルにつながってしまう場合もあります。

■排水トラップや蛇口からの水漏れ

シンクを見てみると、中に排水トラップと言われる部分があります。この排水トラップとシンクの接続部分が緩み、水漏れが発生していることがあります。接続部分にはゴムパッキンが用いられていますが、通常の寿命は10年から15年のため長く使用している場合は劣化している可能性があります。パッキンは様々な種類が存在しますが、簡単に交換することができます。ナットのゆるみが原因の可能性もあるため、取り換えや確認をした際には強く締めなおしておくことも大切です。
排水トラップから排水管に繋がる部分は排水パイプ、または排水ホースといいます。この部分の接続箇所にあるパッキンも劣化していないか確認する必要があります。また、繋ぎ目の部分に臭いが上がってくるのを防止する、防臭ゴムが付いています。この防臭ゴムは簡単に取れる仕組みになっているため、ずれやすく取れてしまうこともあります。排水ホース自体も経年劣化が原因で水漏れを起こすことがあるので、その際は交換が必要です。

■台所の排水管のつまり

台所の排水管の流れが悪くなったり、異音や異臭が発生したりする場合は、油や食べ残しが原因となってつまりが発生していることが多いです。三角コーナーやネット等を使用していても、流れてしまった物が蓄積し、パイプ内に詰まってしまいます。軽度であれば、市販のパイプクリーナーを使用し、溶かしだすことで解決できます。ワイヤー等で取り除く方法もありますが、無理に使用するとパイプを傷つけてしまう可能性もあるため、自分で解決できない場合は業者に相談するのが得策です。家庭では行えない、高圧洗浄等の技術や専用の機器を用いてつまりを取り除いてもらえます。つまりを放置するとこれが原因で水漏れが発生することもあります。早めに対処することで被害の拡大を防ぐことができます。
また、蛇口から赤いサビの水が出てしまうような症状の場合も、つまりが原因ではありませんが業者に依頼する必要があります。

■まとめ
台所の水のトラブルは、使えなくなると不便にもなり様々な影響を及ぼす為、日ごろからの使用方法や清掃が重要です。ゴミや油をまめに捨てたり、使用後は清潔に保つ等意識するだけでもトラブルを予防することができます。水のトラブルが起きてしまった際には迅速な対応が大切です。無理に自分で対応しようとせず、業者に依頼することでスムーズに解決できる場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ