排水管の水のトラブルについて

水のトラブルの中でも、原因の特定が難しかったり、重度の被害に繋がってしまったりすることが多いのが水漏れです。水のトラブルが起こると様々な問題が出てきますが、その箇所が排水管等の配管だった場合、更に対処の難易度が高くなります。マンションやアパート等の集合住宅の場合は特に注意が必要で、自分の家だけに限らず、近隣の住宅ともパイプを共有しているため、原因の特定や対処が遅れると近隣へも被害が広がってしまう場合があります。

■トラブルが起こっている場所の特定

流れが悪いときや流れる際に音がする等の場合は、つまりが原因となっていることが多いです。まずは清掃を行い、自身で対処できる程度か試してみます。それでも改善されない場合は、発生箇所が奥の方である可能性が高いと推測できるため、一度業者に相談するのが賢明です。
排水部分で水のトラブルが発生した場合は、場所によって緊急度が違います。破損の場合は可能な対応を行い、水を使わないようにします。
また配管は、給水管と排水管の2種類があり、まずはどの配管からトラブルが発生しているのかを確認する必要があります。シンク下等は物が多く、発見しにくいこともあるため、日ごろから注意しましょう。

■応急的な処置について

漏水の応急処置を行う場合、給水管は圧力を利用している為、止水栓を締め水の流れを止めます。排水管は傾斜を利用して排水を行う性質を持っている為、止水栓を止める必要はなく自然に水が排水されるのを待ちます。身近なお店等でも購入できる、漏水用のテープ等で補強することで、浸水のスピードを遅らせることができ、業者が駆け付けるまでの応急処置を施すことができます。業者に依頼する際には、正確にトラブルが発生している箇所や被害の範囲等を使えることで、効率よく改善に向かいます。止水栓の位置やパイプの構造を事前に把握しておくことで、焦らずスピーディに対処ができます。また、日ごろからの整理整頓も重要で、台所の配管回りにはできるだけ物を置かないようにするのがいいでしょう。

■まとめ
水のトラブルの応急処置方法を知っておくと、被害の広がりを留めることができます。結果的にコスト的にも時間の面でも最小限に抑えられます。道具をすぐに使えるように用意しておくことも大切です。家族がいる場合は家族にもその置き場を共有しておきましょう。道具は、素人でも気軽に購入できます。修理を業者に頼む場合でも、応急処置に利用でき役立つため備えておくと便利です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ