お湯が出ない水のトラブル

家庭での水のトラブルは、漏水やつまり等の他にも、お湯が出ないという症状もあります。他の水のトラブルに比べて緊急度は低いものの、お風呂が使えない精神的なストレスは大きなものです。
このような症状の場合、いくつかチェックするポイントがあり、把握しておくと業者への依頼も迅速に効率よく対処できます。

■家全体でお湯が使用できない場合

水は出るけど温度が上がらないといった症状で、1か所だけではなく他の場所も含めて家全体で使えない場合は、ガスに原因がある可能性が高いです。ガスの臭いを感じる場合は、まず換気を行います。コンロや他の部分のガスが使えるかどうかと、ガスメーターの点滅の有無を確認します。
ガスにはなにも問題がない場合、給湯器が原因と考えれれます。ブレイカーや電源、設定温度が間違っていないか確認し、問題がない場合は給湯器の修理メーカーに修理を依頼します。寿命がある為、型番を控えておくとスムーズに確認できます。

■一定の場所のみでお湯が出ない場合
お風呂場のみ等、特定の場所だけで温かいお湯が出ないときは、混合水栓部分が原因かもしれません。混合水栓は蛇口部分で温度調整を行っています。自分で修理を行うのは難しい為、業者へ依頼して修理や点検を行ってもらいます。また、台所のコンロは使用できるけど、違う場所では出ないといった場合は、水道そのものに原因があるか、給湯器の不良が原因かもしれません。

■水が出ない場合

お湯や見ずに関わらず、そもそも水が出ない場合、原因は水道である場合があります。まずは止水栓がしまっていないかを確認します。冬場や寒い地域では、凍結によって水が使えなくなることもあります。凍結の場合、しっかりと凍った部分を溶かして使用しないと配管の破裂などに繋がるので注意が必要です。凍結防止の機能が付いているものもあり、スイッチを入れて未然に防ぐことができます。寒い地域ではあらかじめこのような機能を設置し、利用することがおすすめです。

■まとめ
水のトラブルが発生した場合、つい焦ってしまいがちですが、落ち着いて対処すことが大切です。症状や原因を把握することで業者の手配も効率よく、最速での改善につながることも多いので、まずは現状把握することを意識しましょう。不明点は無理に自分で解決しようとせず、プロに任せ、再発を防止することも意識することが重要です。使用方法が問題の場合もあるので、しっかりアドバイスを聞くことで次回への予防にも繋がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ